若手社員座談会 discussion

Discussion

Member

幅広い業務があり、
若手が活躍する機会が多いみなと銀行。
若手社員4名にみなと銀行の雰囲気や
入社前後のギャップ、今後、挑戦したいことなどに
ついて語ってもらいました。

座談会参加メンバー

Takahito Fujii

藤井 貴仁

三宮統括部

藤井 貴仁

入社4年目(取材時)
経済学部卒

Akari Kugimiya

釘宮 朱梨

姫路支店

釘宮 朱梨

入社4年目(取材時)
商学部卒

Taichi Okawa

大川 太一

本店営業部

大川 太一

入社3年目(取材時)
商学部卒

Mai Kobayashi

小林 真衣

加西支店

小林 真衣

入社2年目(取材時)
生物資源学部卒

対談風景

#Business

section #01 入ってみてここが変わった、銀行の仕事イメージ

藤井 藤井

僕はあまり几帳面とは言えないタイプで、銀行に入ると、きっと慣れるまでは大変だろう、堅実さをしっかり身につけることが第一歩になるぞと覚悟していました。ところが、実際に入ってみると、堅実さに加え、柔軟性も想像以上に求められているのを痛感しました。お金を扱ううえでは堅実に。お客さまへの対応や社内での連携などにおいては柔軟に。この両面をとことん極めていくことが、今のみなと銀行を形作っているのだと思います。

釘宮 釘宮

私も銀行に対し実際以上に「お堅い」イメージを持っていました。さらに私は、金融の知識に乏しいうえに、法人のお客さまを資金面でサポートするというミッションに魅かれて銀行を志望していたので、仕事内容としては預金や融資しか視野に入っていなかったんです。ところが、入ってみると、相続や信託、関連会社や提携会社を通じた不動産取引からビジネスマッチングまで、ご提案の幅がとんでもなく広いのにびっくり。経営全般に関してご相談を受けることも多く、これは奥が深いぞと兜の緒を締め直した感じです。さまざまな課題にソリューションをご提供できるので、大変だけどその分やりがいも想像以上です。

小林 小林

全く同じです。入社して、法人さま向けの融資にもさまざまな種類があり、個人さま向けの商品も投資信託から保険、遺産整理まで多種多様で、いろんな角度からお客さまのお手伝いができることを知って、とても驚きました。まだ2年目なので個人的にはまだまだですが、銀行としてできることがそんなに多いのは、すごく励みになります。

大川 大川

僕は、入社前に先輩社員とお話する機会がたくさんあったためか、わりとイメージ通りだったように思います。ただ、入社後は営業店での基本的な業務からスタートして少しずつ専門的な業務に近づいていくのだろうと思っていたので、入社後1年半で本部に異動になり、M&Aに関する専門的な業務を担当させてもらったことは全くの予想外でした。堅い業界にありながら、上司や先輩の手厚いフォローのもとで若手にもどんどん挑戦の機会を与えてくれるみなと銀行の社風には、ちょっと驚かされたし、うれしかったですね。

対談風景

#Environment

section #02 向上心を持てば、周囲に助けられ着実に成長できる

小林 小林

挑戦といえば、私も今、先輩方に帯同する形で、法人、個人両方の営業に挑戦させていただいています。私はものを調べたり覚えたりするのは得意で、そこが長所だと思っていますが、人と話したり説明したりするのは、好きではあっても得意ではなくて…。だから、今のうちに先輩方からたくさん吸収したいと思っています。みなさん優しくて、何でも聞けるので、少しずつ自信もついてきました。

釘宮 釘宮

研修制度も充実していますよね。配属後1年間はOJTで業務・融資事務の仕事を教わり、2年目から先輩に帯同して営業の仕事を学んでいく。私の場合、アパートローンを専任で担当するようになってからは、お客さまが不動産業者の方々なので専門用語が飛び交う会話に苦労もしました。それでも、月1回、本部のアパートローン専門部署の先輩と帯同するOJTがあり、さらに、各支店の担当者が集まって様々な事例などの情報を共有する研修も頻繁に実施されているので、自然に知識が増えていった感じです。自信がつくとさらに意欲もわいて、通信講座や資格取得を通してさらに上を目指すようになりました。

対談風景
大川 大川

僕は2年目の途中から1年間、本部のM&Aを専門的に扱う部署で勉強させていただき、それから支店の法人営業担当になってまだ3か月ほど。経営者の方々が直面しておられる課題は多様で、それぞれにベストな解決策をご提案するのは至難の技ですが、上司や先輩がどんなことにも親身に相談に乗ってくださるので、日々濃密に多くのことを学べています。本部でM&Aを深掘りさせていただいたこともとても勉強になりました。あらゆる分野に応用して、深い理解につなげるように心がけています。

藤井 藤井

1年目は内務を中心にミスのない仕事を求められるので、特に几帳面な人以外は苦労が多いかもしれません。でも、周囲に助けられながら頑張れば、必ず仕事の精度を上げることができます。2年目からは営業に出るケースが多くて僕も法人営業担当となりましたが、こちらも最初は大変です。対話を重ねて何とか困りごとをご相談いただけるまでになっても、知識と経験の不足からなかなかご満足いただけるご提案に行き着けないからです。でも、たくさんのことを調べたり考えたり、上司や先輩に相談したりしてご提案内容をブラッシュアップしていく過程で、力は着実についていきます。僕もまだまだこれからですが、みなと銀行には、自分で考えて行動すれば手厚くフォローして成長に導いてくれる環境が整っているので、安心して目の前の仕事に打ち込むことができます。

対談風景

#Future

section #03 わがまちに追い求める、私の未来

釘宮 釘宮

私は今、アパートローンの専任なので日々実感しているのですが、りそなグループの一員になったことで、信託・不動産のノウハウや情報が共有され、より専門的で幅広い提案ができるようになってきました。今後は、この強みをフルに活かして、兵庫県の活性化に貢献していくことができます。兵庫県は、日本海側から瀬戸内海側までの多様な気候・風土の中に、大都市あり農山村あり漁村あり。その多様性から「日本の縮図」ともいわれています。みなと銀行としても、一社員としても、できることの幅をさらに広げて、どの地域にもベストのソリューションを提供できるようになっていければと願っています。

藤井 藤井

コロナ禍によって見えてきたこともあります。僕が担当している神戸のエリアでは飲食業など多大な影響を受けておられるお客さまも多く、地元の金融機関としてのサポートがとても重要になっています。そんななか、どのお客さまからも頼りにされフル回転している先輩方や、帯同をお願いすると的確なソリューションでお客さまの笑顔を引き出す上司など、たくさんの頼もしい手本に出会うことができました。僕も同じ年齢になったとき、同じように行動してしっかり地域に貢献できる人財になっていなければなりません。確かに兵庫県は多様で幅広い業界・業種に通じていなければならず大変ですが、だからこそ頑張りたい。将来的には若手対象の業務出向などもぜひ経験し、知識と理解を深めていくつもりです。

対談風景
小林 小林

私の出身地である姫路北部では、若い人の流出が大きな課題になっています。同じような地域は多く、地元企業を応援して雇用を拡大し、流出を止めるお手伝いができたら、すばらしいと思います。事業や財産の承継問題についても、地域の活性化につながる方向での解決策が必ずあるはずです。もともと大学時代に地元企業の方と“工場のエネルギー循環のモデル構築”に向け共同研究を行ったのがきっかけで、企業の課題解決をお手伝いしたいと考えるようになり、選んだ道です。プロとして恥ずかしくない知識を培って、しっかりしたご提案ができるよう、ひたむきに頑張っていきたいと思います。

大川 大川

僕は大学時代、居酒屋が1店舗から6店舗に拡大していく過程を、一人のアルバイト学生として体験しました。オーナーが、メインバンクであるみなと銀行との二人三脚で道を切り拓いていったことに心が動かされました。一人一人のお客さまにしっかりと支援の手を伸ばし、兵庫県の中小企業を活性化していくことが、神戸に本店を置く唯一の銀行であるみなと銀行のミッションだと思います。今はまず、法人営業としての知識と経験を培い、やがては、キャリア形成支援制度などを活用して、M&Aや不動産など専門性の高い分野にも挑戦したい。そして、関西みらいFGや、りそなグループのネットワークを活かして、地元の企業を、より多方面から力強く支援していきたいと考えています。

Work with us