みなと銀行

金融機関コード:0562

文字サイズ
小
中
大

投資信託

資産は、育てる時代へ

現在のような低金利の時代には、貯蓄だけで資産を有利に増やしていくことは困難です。そこで、近年広まってきたのが「資産を育てる」という考え方です。
みなと銀行は、資産運用の一つとして「投資信託」をご提案します。

投資信託の特徴

投資信託の特徴

多くのお客さまから集めた資金を、専門家がまとめて運用。その成果をお客さまに分配するのが「投資信託」です。

「預金」と「投資信託」の違い

「預金」と「投資信託」の違い

「預金」と「投資信託」の違いをご理解いただいた上で、あなたのライフプランにそった資産運用をお考えください。

取扱いファンド一覧

取扱いファンド一覧

当行では、お客さまの幅広い資産運用のニーズにお応えできるよう、さまざまな投資信託を取り揃えております。お客さまの運用方針に合わせてお選びください(投信検索はこちら外部サイト)。

売れ筋ランキング外部サイト

売れ筋ランキング

みなと銀行における販売上位ファンドを店頭・インターネット別にご紹介します。

基準価額一覧外部サイト

基準価額一覧

当行で取扱いしているファンドの基準価額一覧をご紹介しております。一覧にないファンドの基準価額に関しましては窓口へお問い合わせください。

みなと自動積立投信

みなと自動積立投信

みなと自動積立投信について詳しくご説明しております。

特定口座のご案内

特定口座のご案内

確定申告時の面倒な手間を省き、個人のお客さまの譲渡損益等の管理を容易にするためのものが「特定口座」です。

投資信託のQ&A外部サイト

投資信託のQ&A

みなさまから寄せられた投資信託に関するご質問にお答えしています。

投資信託に関する留意点

  • 投資信託のご購入にあたってはお申込手数料がお取引金額の最大3.24%(税込)必要です。また、換金にあたっては信託財産留保額が換金時の基準価額に対して最大0.5%必要です。また、これらの手数料等とは別に信託報酬(投資信託の純資産総額の最大年2.376%(税込))と監査報酬、有価証券売買手数料等その他費用等(運用状況等により変動し、事前に料率、上限額を示すことができません)を信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料等はこれらを足し合わせた金額となります。
  • 投資信託は預金ではありません。
  • 投資信託は預金保険の対象ではありません。
  • 投資信託はリスクを含む商品であり、運用実績は市場環境等により変動します。したがって元本保証および利回り保証のいずれもありません。
  • 投資した資産の価値の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客さまが負うことになります。
  • みなと銀行は販売会社であり、投資信託の設定・運用は、投資信託委託会社が行います。
  • ご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • お申込みに当たっては、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および一体となっている「目論見書補完書面」をお渡ししますので必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 「投資信託説明書(交付目論見書)」等はみなと銀行本支店にご用意しています。
  • トップメッセージ
  • 地域とともに この一年(ダイジェスト版)
  • みなと銀行公式Facebookページアカウント
  • 金融犯罪にご注意ください
みなとダイレクトバンキング
  • ログイン ご利用いただくにはお申込が必要です(窓口またはインターネットにて) インターネットからのお申込はこちら
  • インターネットバンキングについて
  • 年末年始の営業のご案内について
  • 店舗・ATM
  • ATMサービス・ご利用手数料
  • 店舗異動情報
  • みなと職域サイト
  • スマホde通帳
  • カードローン キューポートネオ(Qport neo)
  • 電話で相談(お金の運用・各種ローン)
  • 各種手数料一覧
  • 金利相場情報
  • 商品概要説明書
  • 株価情報
  • みなと銀行スマートフォンサイト
  • みなとメールニュース
  • よくあるご質問
  • 障がいをお持ちのお客さまへ
  • マイナンバー
  • CSRへの取組
  • みなと銀行 Branding Gallery
  • <3大疾病+5つの重度慢性疾患>保障付住宅ローン
  • 資産運用のご相談 みなと銀行コンサルティングプラザ
  • 三宮外貨両替コーナー
  • 三井住友銀行
  • みなと銀行 こうゆう会(会員様専用ページ)