みなと銀行

金融機関コード:0562

文字サイズ
小
中
大

1日あたりのご利用限度額について

一覧へ戻る

お客さまのご希望に応じて、当行キャッシュカードの1日あたりご利用限度額(出金)を、 必要最低限の金額まで引下げることができます。

お取引 当行所定の限度額 変更可能な限度額の範囲
当行ATMでの
キャッシュカードによるお引き出し
50万円 1〜200万円
変更をご希望の場合は、お届印・通帳・ご本人確認資料(運転免許証・パスポート等)をご用意のうえ、窓口の平日営業時間中にお手続き願います。(引き下げの場合は、ご本人確認資料は不要です)
当行ATMで当行カードのご利用限度額を引き下げることができます。
キャッシュカード・通帳を併用したお引き出し、キャッシュカードでのお振込・お振替は、キャッシュカードのみによるお取引を含めて、1日あたり合計100万円(ICカードの場合は200万円)までとなります。
「お引き出し」の限度額には提携金融機関のATMでのご利用額およびデビットカードでのご利用額を含みます。

磁気ストライプカードによるお取引

磁気ストライプカードによるお取引

  • ④〜⑥を50万円以上ご利用の場合、当日中、①〜③はご利用できません。
  • 当行ATMでの当行カード出金は1回50万円まで、通帳併用時のカード出金は最大で1回100万円までです。
  • 当行法人カードの当行ATMでのご利用限度額は②〜⑥合計200万円、④〜⑥合計500万円です。(他行ATMでは利用できません)

ICカードによるお取引

ICカードによるお取引

  • ④〜⑥を100万円以上ご利用の場合、当日中、①〜③はご利用できません。
  • 当行ICカードによるデビットカード加盟店でのご利用(ショッピングやサービス代金の支払)にて、一部の加盟店に設置されている端末機でご利用いただけないケースがありますのでご注意願います。
  • 当行ICカードは社内CD機ではご利用いただけませんのでご注意願います。

お客さまのご希望によるご利用限度額の変更

お客さまのご希望に応じて、当行キャッシュカードの1日あたりご利用限度額(出金)を、必要最低限の金額まで引下げることができます。

変更可能な1日あたりの利用可能限度額の範囲

変更可能な1日あたりの利用可能限度額の範囲

手続き方法

手続き方法

  • ご利用限度額の任意設定をご希望される方は、窓口へお問合せください。
  • 限度額引上げのお手続きには、お届け印及びご本人確認資料(運転免許証・パスポート等)が必要となります。
  • 引下げの場合は、ご本人確認資料は不要です。
  • 口座ごとに設定いただくことが可能です。(ご本人カードと代理人カードは同一の限度額となります)
  • 1日あたりの利用限度額を100万円以上に引上げた場合、1回あたりの出金は当行ATMで最大100万円、提携ATMで最大99万9千円(コンビニ等一部のATMを除く)となります。
  • トップメッセージ
  • みなと銀行公式Facebookページアカウント
  • 金融犯罪にご注意ください
みなとダイレクトバンキング
  • ログイン ご利用いただくにはお申込が必要です(窓口またはインターネットにて) インターネットからのお申込はこちら
  • インターネットバンキングについて
  • サマータイム実施 8/1〜8/30
  • 店舗・ATM
  • ATMサービス・ご利用手数料
  • 店舗異動情報
  • みなと職域サイト
  • スマホde通帳
  • カードローン キューポートネオ(Qport neo)
  • 電話で相談(お金の運用・各種ローン)
  • 各種手数料一覧
  • 金利相場情報
  • 商品概要説明書
  • 株価情報
  • みなと銀行スマートフォンサイト
  • みなとメールニュース
  • よくあるご質問
  • 障がいをお持ちのお客さまへ
  • マイナンバー
  • CSRへの取組
  • みなと銀行 Branding Gallery
  • <3大疾病+5つの重度慢性疾患>保障付住宅ローン
  • 資産運用のご相談 みなと銀行コンサルティングプラザ
  • 三宮外貨両替コーナー
  • 関西みらいフィナンシャルグループ
  • みなと銀行 こうゆう会(会員様専用ページ)