みなと銀行

金融機関コード:0562

文字サイズ
小
中
大

」様にお勤めの皆さま、ご覧いただきありがとうございます。
閲覧終了時には、右上にあります『ログアウト』ボタンを押していただけますようお願いいたします。

「個人番号の利用目的について」の改定

一覧へ戻る

株式会社みなと銀行(以下「当行」といいます。)は、個人情報保護法第15条第2項および第18条第3項を踏まえ、当行の個人番号および個人番号をその内容に含む個人情報の利用目的を以下のとおり追記することをご連絡いたします(下線部分を追記します)。
なお、変更日は、預貯金口座付番が開始される平成30年1月1日からといたしますので、申し添えます。

「お客さま等の特定個人情報等の取扱いについて」

当行は、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下、「番号法」といいます)に基づき、次のとおり、お客さま等の個人番号及び個人番号をその内容に含む個人情報(以下、「特定個人情報等」といいます)の取扱いに関する基本方針を定め、公表いたします。

<中略>

  1. 個人番号の利用目的について
    当行は、お客さま等の個人番号を取得するにあたり、その利用目的を通知、公表または明示するとともに、その利用目的の達成に必要な範囲内においてこれを取り扱います。
    個人番号について、番号法で認められている利用目的以外では利用しません。
    当行の個人番号の利用目的については、以下の通りです。
    1. (1) 利子等に関する法定書類作成事務
    2. (2) 金融商品取引に関する法定書類作成事務

    <中略>

    1. (17) 不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書作成事務
    2. (18) 預貯金口座付番に関する事務

<以下、省略>

ページトップへ