みなと銀行

金融機関コード:0562

文字サイズ
小
中
大

女性活躍推進の取組について

みなと銀行では、従来より、支店業務課の課長を始め、預かり資産等コンサルティング担当の他、本部の事務部門やCS部門等において、女性が活躍する場を積極的に広げてまいりました。

現在では、部室長、支店長・次長・課長など100名超の女性管理職をはじめ、本部や支店の渉外・融資・業務課など行内の様々な分野で多くの女性が活躍しております。

引き続き、当行ではキャリア形成支援や両立支援の強化に取組み、男女問わず一人ひとりが能力を発揮し、イキイキと働くことができる職場環境を拡充してまいります。

女性活躍の推進

「ダイバーシティ推進室」

「女性の活躍」を主体としたダイバーシティ取組施策等の実行や今後の更なる推進のため、平成25年10月、人事部内に「ダイバーシティ推進室」を設置し、「キャリア形成」と「仕事と家庭の両立」支援に取組んでいます。

「ダイバーシティ推進サポートチーム」

平成26年1月、「ダイバーシティ推進室」内に本部女性職員(他部署兼務)で構成する「ダイバーシティ推進サポートチーム」を結成しました。当チームは、各部店を訪問し、女性職員および男性管理者等との面談により、①「女性の活躍」に向けたキャリア形成の啓発、②両立支援に対する意見・要望のヒアリング、③ダイバーシティ推進施策の周知等を行っています。

女性登用の状況

当行では従来より、意欲や能力ある女性を積極的に登用し、平成21年には初の女性支店長が誕生しました。

また、平成26年7月、人事制度改正により総合職と一般職のコース区分を「事務職」に一本化し、個人の能力や適性に応じたポスト・職務に配置する等、女性活躍の場を一層拡充しております。

女性管理職(課長以上)比率については、平成29年度までに20%程度とする目標を掲げています。

  平成26年4月 平成28年4月
女性管理職(課長以上)比率 13.7% 16.4%
管理職数 671人 688人
  女性 92人 113人
  部店長クラス(※) 211人 248人
  女性 6人 13人
課長 259人 252人
  女性 71人 83人
部店長クラス:支店長、部室長等
【補】
  平成25年度 平成27年度
従業員数 2,107人 2,170人
  女性 843人 917人
新卒者採用人数 82人 111人
  女性 37人 64人

平成27年度に新たに管理職に登用された職員のうち、女性は31%を占めており、今後も男女問わず能力のある人材が活躍できる職場環境を整備してまいります。

女性のキャリア形成支援

女性のキャリア形成支援のため、様々な研修を実施しています。

  • ウィメンズ・ブラッシュアップ研修
    女性役席等を対象に、ワンランク上の仕事力を身につけることを目的に実施
  • ウィメンズ・ネクスト研修
    若手・中堅女性を対象に、ライフイベントに応じた多様な働き方や物事の捉え方等を学び、視野を 広げることを目的に実施
  • ダイバーシティ・ミーティング
    融資課女性や渉外課女性等、テーマ毎に対象者を変え、行内のロールモデルによる講話や外部講師による講義を行い、タテ・ヨコの連携強化やキャリアアップ支援等を図ることを目的に実施
  • 管理職登用前アカデミー
    管理職候補者が、登用前に管理職としてのスキルを集中的に学ぶことを目的に実施
  • 管理者向けセミナー
    部店長クラス等の管理者を対象に、「女性の活躍推進に向けた管理者の意識改革」をテーマとしたセミナーを実施

その他、経営陣と女性職員との交流の場(バリューアップ勉強会等)を設けたり、部下の自己啓発状況を管理職の評価へ反映させるなど、女性のキャリアアップを支援しています。

ウィメンズ・ブラッシュアップ研修
ウィメンズ・ネクスト研修

「女性活躍推進法」に基づく取組

平成28年5月、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づき、兵庫県で初めて認定マーク(愛称:えるぼし※)を取得しました。

なお、認定において当行は、女性管理職比率や採用数等5つの認定基準全てを満たしていることから、最上位の「3段階目」の認定となりました。

えるぼし認定とは、「女性活躍推進法」に基づく一般事業主行動計画の策定・届出を行った企業のうち、女性の活躍推進に関する取組状況等が優良な企業が厚生労働大臣の認定を受けるものです。
認定マーク「えるぼし」

ワーク・ライフ・バランスの推進

仕事と家庭の両立支援制度をはじめ、男女問わず意欲・能力のある人材が、イキイキと働くことができる職場環境を整備するとともに、ワーク・ライフ・バランスのより一層の充実に向け、業務効率化や有給休暇取得促進等、働き方の改革に取り組んでいます。

仕事と家庭の両立支援制度

一人ひとりがイキイキと働きやすい職場環境づくりのため、以下のような両立支援制度を整備しています。

行内向けには「DIVERSITY REPORT」を定期的に発行し、臨店面談結果、制度紹介や両立のヒント等、ダイバーシティ推進についての情報発信を行っています。

加えて、「仕事と家庭の両立支援ハンドブック」を作成し、両立支援制度の内容や手続き方法を掲載しているほか、「ロールモデル集【ワーキングマザー編】」を作成し、仕事と家庭を両立する上での工夫等について紹介しています。

仕事と育児の両立支援

スムーズな職場復帰をサポートするため、産休・育休者を対象に、年2回「育児休業者支援研修」を実施し、産休・育休中の事務の変更点を講義する他、育休経験者との情報交換会等を行っています。さらに、行内SNSサービスを活用し、産休・育休者に人事部から主な行内通達や研修資料等の行内情報発信も行っています。

育児休業者支援研修

男性の育児休業取得促進

男性の育児休業取得促進に向けた取組として、配偶者が出産した男性職員とその所属長に、人事部が育児休業取得計画表の作成及び提出を依頼しています。この取組により、「男性育児休業取得率を13%以上とする」という目標に対し、平成27年度の男性育児休業取得率は71%となりました。

  平成26年度 平成27年度
育児休業取得者数 38人 48人
  男性 0人 15人
育児休業取得者数は、当該年度に育児休業を開始した人数
男性育児休業取得率は、年度内の男性取得者数/年度内に配偶者が出産した男性職員数

「次世代育成支援対策推進法」に基づく取組

平成22年10月、「次世代育成支援対策推進法」に基づく認定マーク(愛称:くるみん※)を取得しました。

くるみん認定とは、「次世代育成支援対策推進法」に基づく一般事業主行動計画を策定し、その行動計画に定めた目標を達成するなどの一定要件を満たす事業主が、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定を受けるものです。
次世代認定マーク「くるみん」

仕事と介護の両立支援

仕事と介護を両立できる職場環境整備のため、平成26年度より、働きながら介護をするための心構えや介護についての正しい知識等を学ぶことを目的に、役職員を対象とした介護セミナーを開催しています。

また、平成28年7月、40歳以上の職員の介護に関する現状及びニーズを把握するため、「仕事と介護の両立等に関するアンケート」を実施しました。アンケート結果を踏まえ、当行の実態に即した両立支援への取組を検討しています。

働き方の改革

生産性向上を図り、男女問わず多様な人材が勤務を継続し活躍できる職場環境を整備するため、働き方の改革に取り組んでいます。

労働時間削減のための取組として、出社時や退社時の目途時間を各部店に周知している他、毎週水曜日を「リフレッシュデー」とし、定時退行を励行しています。職員自身が残業しないために時間当たりの生産性を意識し仕事の質を高めるなど、意識改革が図られ、定着化してきています。

また、平成23年度より「サマータイム制度」を導入し、毎年8月の1ヵ月間、勤務時間を30分繰上げ、実施期間中は、遅くとも17時までの退行を励行しています。平成27年度からは、サマータイムの実施にあわせ退行後の余暇を有効活用できるよう通信教育等の自己啓発を推奨したり、ウォーキングキャンペーンを実施するなど、「ゆう活」を促進しワーク・ライフ・バランスの推進に取り組んでいます。

そのほか、有給休暇取得促進のため、「平成27〜28年度の2年間で年次有給休暇の平均取得日数を平成26年度比1日増とする」という目標を掲げています。平成27年7月には、半日休暇制度の拡充や制度休暇(マイホリデー、年2日)の新設を実施。行内イントラネット掲示板に各部署の取得状況を掲示し、取得を促進しています。(平成27年度、平均有給取得日数9日)

今後は、さらなる効率的な働き方の実現に向け、業務フローの見直しや事務手続きのペーパーレス化など、時間管理意識の向上や業務効率化への取組を進めてまいります。

外部機関からの表彰

前掲の「えるぼし」マーク、「くるみん」マークの認定の他、当行は、以下の表彰も受賞いたしました。

平成26年度 厚生労働省「均等・両立推進企業表彰」

平成26年9月、「育児休業」、「介護休業」や「短時間勤務」等の期間において法定基準を上回る制度を導入していることやダイバーシティ推進サポートチームの活動等が評価され、厚生労働省が主催する「均等・両立推進企業表彰」において、「均等推進企業部門」「ファミリー・フレンドリー企業部門」の2部門で兵庫労働局長奨励賞を受賞いたしました。

「均等・両立推進企業表彰」兵庫労働局長奨励賞

平成27年度 ひょうご仕事と生活センター「ひょうご仕事と生活のバランス企業表彰」

平成27年10月、多様な働き方やワーク・ライフ・バランスの実現に向けて先進的な取組を行っている企業等を表彰する「ひょうご仕事と生活のバランス企業表彰」を受賞いたしました。多様な短時間勤務制度やマイホリデー・半日休暇等休暇制度の拡充による有給休暇取得推進等の取組が評価されました。(詳細は、「平成27年度WLBな会社ガイド(兵庫版) (PDF:3.5MB)PDF」をご参照ください。)

平成27年度 ひょうご女性の活躍推進会議「ひょうご女性の活躍企業表彰」

平成28年3月、女性の育成・登用や職場環境の改善等、女性の活躍に積極的に取り組んでいる事業所を表彰する第1回「ひょうご女性の活躍推進企業表彰」を受賞いたしました。トップの強いリーダーシップのもと、経営戦略として「女性活躍」を推進していることやロールモデル集(ワーキングマザー編)の作成等の取組が評価されました。

これまでの主な取組

  • トップメッセージ
  • 地域とともに この一年(ダイジェスト版)
  • みなと銀行公式Facebookページアカウント
みなとダイレクトバンキング
  • ログイン ご利用いただくにはお申込が必要です(窓口またはインターネットにて) インターネットからのお申込はこちら
  • インターネットバンキングについて
  • 海岸通支店(インターネット・テレフォン専用支店)
  • 店舗・ATM
  • ATMサービス・ご利用手数料
  • 店舗異動情報
  • カードローン キューポートネオ(Qport neo)
  • 各種手数料一覧
  • 金利相場情報
  • 商品概要説明書
  • 株価情報
  • みなと銀行スマートフォンサイト
  • みなとメールニュース
  • よくあるご質問
  • 障がいをお持ちのお客さまへ
  • 金融犯罪にご注意ください
  • マイナンバー
  • CSRへの取組
  • みなと銀行 Branding Gallery
  • <3大疾病+5つの重度慢性疾患>保障付住宅ローン
  • 資産運用のご相談 みなと銀行コンサルティングプラザ
  • 三宮外貨両替コーナー
  • 三井住友銀行